GD-PLANNING

HOME | GD-PLANNING
photo-1521750465-672a0f580901_original.jpg photo-1556212059-c09a834a0a54_original.jpg img20240107133153834466.png photo-1545231142-324955ba9b04_original.jpg photo-1593462375311-d6b8e0c44a4c_original.jpg photo-1503233277270-7fd26e4999ba_original.jpg img20240107235120263743.png photo-1548386704-23fc0135faab_original.jpg

PICKUP GD-PROPRSAL

グランフェイスのストロングプラン「ガーデンデザイン編」

OUTDOORLIVING

ガーデンデザインのニュースタイル
外の暮らし提案「アウトドアリビング」

「GARDEN-DESIGN」と聞いて多くの人は樹木や草花を主体にした眺め見るアート性の高い専用庭を思い描くだろう。古くは住人価値を表しゆとりある敷地内に風景を移し魅せ有権者や成功者の証として大変高価で貴重な要素であった。時代の変化とともに一般的に受け入れられ坪庭や側庭など限られた空間に屋外オブジェとして飾られるようになっていった。しかしライフスタイルの変化とともに外の暮らしに憧れが高くなり利用価値のある庭造りの要望に合わせ自然環境に寄り添い滞在する提案『SOTOnoMA』として新時代の住環境に似合う形に注目し庭提案に加わると言われている。

     " STAGING & PLANTAITION "




       GARDEN DESIGN PRODUCE MISSION|PLANNING MAIN SKIL&KNOWLEDGE

自邸の余白に居室以外の生活環境を探求し庭の価値を眺め見るものから滞在し楽しむ特別な空間として追求した結果「アウトサイドルーム=SOTOnoMA」として表現される。植栽が中心の業界は今アウトドアリビングと称した造景にバランスを変えながら自然環境と共存しもたらす特別な力を体感し継承する意味と役割を明らかにし造形と植生を操作し企画提案するのが私たちの使命である。

" STAGING & PLANTAITION "

GARDEN DESIGN PRODUCE MISSION|PLANNING MAIN SKIL&KNOWLEDGE

自邸の余白に居室以外の生活環境を探求し庭の価値を眺め見るものから滞在し楽しむ特別な空間として追求した結果「アウトサイドルーム=SOTOnoMA」として表現される。植栽が中心の業界は今アウトドアリビングと称した造景にバランスを変えながら自然環境と共存しもたらす特別な力を体感し継承する意味と役割を明らかにし造形と植生を操作し企画提案するのが私たちの使命である。

GD-PLANNING STRONG POINT

外部空間設計のプランニング重点ポイント「プライベートゾーン」

NIWAの仕事って?

植生で演じるか造形で築くかバランスで出来型が変わる!!

庭は部屋数に合わせて眺め楽しむ企画提案が求められるものである。

外部空間は主にエクステリア=外構とガーデン=庭の2業種から成り立っています。エクステリアは車庫や門構や園路などのファサードスペースにあたり必要要素だけ整えればまとまりますがガーデンスペースはそうはいきません。敷地規模によって大きさが変わったり部屋数や用途によってに設定や計画領域は変化し建築にあってはバルコニーや屋上などの屋外空間も庭にあたる領域です。そのため多彩なデザイン演出が求められることもあり実は深い知識とそれぞれに合わせた提案が求められる業種となります。

主な庭領域空間と名称
・POCKET-PARK:まち並み配慮の開放空間
・FRONT-GRARDEN:接道部の前庭空間
・PRIVATE-GARDEN:住み手専用の独立庭空間
・SIDE-GARDEN:敷地境界と建築に挟まれた側庭空間
・BALCONY:建築の窓先開放空間
・SKYROOF:建築屋上の開放空間
・EXTERIOR:外構に関する緑化空間
 

LinkIcon

LANDSCAPE

伝統と歴史を重んじる庭提案の代表である『造園=ランドスケープ』。邸宅の庭は造園家が長い年月をかけ築き上げる特徴的な樹形を持つ植栽と景石で伝統的な手法を用いて構成していく庭スタイルのひとつ。現在の住宅事情から一般的住宅に取り入れる場合は坪庭や側庭などの限られた空間に眺め見る窓先に添えられることが多くなった。今の時代に合わせた変化形として軽い印象で華奢で柔らかな装いを持つ山採りの雑木で木立を切り取り移すように構成する庭のカタチである。自然樹形が中心のため手間が軽減され現在のライフスタイルに適した造園の新提案として注目されている。

LinkIcon

GARDENING

洋風様式の庭形で草花や果実が四季折々に変化しガーデナーの手によって映し華やかな装いを映し作る庭『園芸=ガーデニング』である。住み手の希望やインテリア装飾に似合うスタイルやテイストに合わせながら樹木や草花を選択構成していく。造園を眺める庭と表すなら園芸はと立て楽しむ庭として分類すると意味や役割が明確になるだろう。どちらかというと下草中心にデザインされ生長と変化を楽しみるもの。そのため永く維持するためにはライフワーク的な日々の管理が必須とするイメージが強く将来的に出来型を明確化する園芸スキルが欠かせない。

LinkIcon

TERACCE

庭滞在空間の総称『外部屋=テラス』は居室に繋がるサンルームや縁側や離れ間などいくつかの種類があり単なる休憩場所というより日本家屋で見られた外廊下のように造り上げた庭空間を眺め見る役割も担っていた。現代の住宅事情やライフスタイルの変化でテラス需要が拡大し注目されるようになったことは明らかで立体造形ステージを主体に構成し室内と同様に滞在出来るよう屋外設備を充実した庭提案の新しいカタチに対応するために外構的発想の造作手法と内装的発想の装飾手法が求められる。

OUTDOORSTAGE-PLAN SETTING

屋外滞在空間の設計主要エレメント

今注目されるガーデンデザインは植栽計画だけでは成立しません。主に「建築・エクステリア」と同様に造作を中心にハコを作るため床面・側壁面・上空面を用いて外角を構成し「インテリア」と同様に家具・照明・小物をコーディネートし「フィニッシュマテリアル」とした仕上げ素材を重ね演出し「ガーデンエレメント」の植栽で背景を描く。このように多彩ソースを組み合わせて成立させ高いスキルを要し描くのが『SOTOnoMA』基本計画の設定となります。ここでこの新スタイル計画を完成させるために必要な主要エレメントを解説していきます。

LinkIcon

Stage&Room

庭の中心となる外部屋は東屋やガゼボなどを想像すると分かりやすいでしょう。完成形を置く前に最初の工程としてまずは外枠とした骨格構成を行いましょう。室内のLDK規模や帖数を参考にしながらその空間で行う目的を明らかに設定し決めるとサイズ感が分かりやすいとされています。ステージとは舞台となる主要床面のこと。単なる部屋の大きさとならぬよう外廊下とした余白空間を加算しておく。ルームとは同時進行して骨格を表すフレームを設定すること。壁面や上空圏の屋根などを設定しやすくなります。素材感も大切ですのでコンセプトやテイストを趣味趣向や要望に沿って事前設定しておくとまとめやすいでしょう。

LinkIcon

Wall&Screen

先の工程で設定したステージやフレームに加えて施工時の構造や法規や周辺環境に配慮しながらアイストップやフォーカルポイントとして装飾演出を描く「壁面=WALL」をどの位置に設定するかが重要なポイントになります。基本的には部屋から眺め見る先を基本設定としつつ覗き見防止や視線誘導や視覚調整などを考慮し壁面を要しコンセプトやテイストに合わせ仕上げ素材を選択し特徴から色彩設定も定まるので採用時のには似合うものを計画しましょう。仕上げ素材で終わることなく絵画を飾り棚や照明器具を取り付けるなどして室内のようにインテリア的発想で装飾することも壁面があればこその設定であり欠かせないものです。

LinkIcon

Roof&Canopy

先の工程でエクステリア代替え部位としたアウトドアステージエレメントが備われば部屋として成立させるため屋根や庇やパーゴラやシェードなどの上空部設定が欠かせなくなります。主な目的は外に滞在し自然との共存場所となるため天候や季節に悩まされぬため日差し抑制や天候対応として設えることになります。庇や屋根などの全面を覆う要素は建築物とみなされ法的な事前協議を申請が必要になる場合もあります。現在ではアルミメーカー商品も多く発売され防雨効果や保証もあり容易な計画が可能となりました。天井材張りやダウンライト設定などインテリア的装飾要素に合わせた計画に対応する優れものです。

LinkIcon

Dining

部屋の使い方の一つとして「ダイニング」があります。ステージを構築する目的は自然共存の滞在空間です。その場所で何をすべきか事前設定し利用しやすいような設備設定が欠かせないものです。ダイニングは食事をすることが中心ですが勉強や仕事や家事も可能で多彩な目的に対応しインテリア的発想でお洒落なデザインを持ち見た目の良さにこだわる造作や家具を配置することで成立します。テーブルやチェアはデザイン性も大切ですが家族人数や利用目的人数に合わせてサイズ設定するほうが望ましいです。屋外に設置することを考慮し経年劣化や将来性を配慮した素材を選択することも大切です。

LinkIcon

Living

部屋の使い方の一つとして「リビング」があります。当然のことですがステージ構築の目的は自然共存の滞在空間であることから屋外に設置することを考慮し経年劣化や将来性を配慮した素材を選択しましょう。リビングはカフェタイムや読書や映画鑑賞などの癒し時間を目的にソファやテーブルをデザイン性や利用目的人数に合わせてサイズ設定することが望ましいです。大きな空間を要するため事前にサイズを確認した上でステージ規模も調整する必要があるでしょう。コンセプトやテイストに似合うインテリア的発想でお洒落なデザインを持ち見た目の良さにこだわる造作や家具を配置すると良いでしょう。

LinkIcon

KITCHIN

昨今のライフスタイルの変化から室内で出来ることを屋外にも要求し外の楽しみ方需要が高まり料理を出来る場所作りとして「キッチン」を計画することがあります。以前は簡易的なバーベキューセットを広げて薪を用いてアナログ的に火を発すことが主でしたが片付けと合わせて手間がかかるため利便性や定期的な利用を目的としてしっかりとした設備を設ける海外思考の提案が多くなってきました。合わせて水道や排水や電気や冷蔵庫なども整えることも欠かせないでしょう。当然のことながら収納設備をも完備することになれば外での暮らしに広がりが持て庭で叶う新たな生活を送れるようになるでしょう。

LinkIcon

Tree&Plants

植栽計画はガーデンデザインに欠かせない主役的要素ですがアウトドアステージ計画では周辺環境の背景や眺め見る演出など取り巻く装飾演出要素として提案することが多いものでしょう。特にエクステリアやガーデン計画の及ばない高さに設定する樹木メリットは視線誘導や視覚調整など隣家からの覗き見防止策、太陽熱の抑制や木陰効果など庭へ与える効果は歴然です。季節の移り変わりや咲き乱れる花々や実や野菜等の収穫や植育などの楽しみ方も当然あります。

LinkIcon

PLANTER&POT

樹木や草花は本来地植えしつつ季節ごとの楽しみとした環境演出要素と土壌内の栄養や水分補給などの管理補助メリットはあるにせよ長過程や保守に様々な問題を抱えてしまうケースがあるでしようです。全てとは言えませんが屋根下やステージ上や家具併用するなど「プランター設定」も提案の一つです。その際はビジュアル的要素としてそれ自体のデザインをスタイルやテイストに似合うものを設定し統一感を演じるインテリア的発想のアイテムとなります。

LinkIcon

Item&Accessory

ガーデンデザインの新提案ではインテリア的発想で内外連動設定や窓先景観に考慮したステージ作りが主体です。床壁屋根の工事と家具を置くだけでは誰でも出来る提案です。そうならないために内装計画と同様に小物装飾が重要な役割を担うものです。棚やデザインパネルなどの飾り物は加算物。外の仕事ならではの自然恩恵とした水や光や影の演出効果や特別に設た造作もそれにあたるでしょう。躯体設計単体で終わることなくひとつ踏み込んだ計画を行うことが大切です。

LinkIcon

Lamp&Light

ガーデンデザインにおける照明設定はウィンドウトリートメントとしたカーテンやブランドなどを閉めることなく庭を眺め楽しみ出たくなる効果をもたらす必要があります。照明は灯す光による演出効果と見せる器具による装飾効果を組み合わせ操作しながら計画することが大切です。昼間は器具自体の装飾性をビジュアルで楽しみ、夜間は誘い・灯す・降り注ぐ・溜めるなど光の反射方向や明るさ調整などの効果をシーンに合わせて設定し昼夜違った表情を写しすのが重要です。

OUTDOORFURENITURE-PLANNING POINT

「買い並べる・描き造る」あなたなら屋外滞在空間の特別な設えが与える印象や将来性をどちらに委ねる?

ガーデンデザインの新スタイル提案で中心的な役割が「ガーデンファニチャー」です。骨格造形や植栽以外におしゃれで格好良い家具を置く意味は部屋からの眺めに対し装飾的要素と景色の演出して欠かせないものとなってきています。ソファー・テーブル・チェア・スツールなど利用目的に合わせて選択していきますがそれ自体の価値を「買うものと造るもの」に分けて自ら描くデザインに合わせた選択が求められるでしょう。屋外設備として意匠性はもとより天候や経年変化に対応させ耐久性や機能性など様々な状況に影響されることからに選択時に配慮が必要で設計者自体の見定め築く高いスキルとスペックが要求されるのです。

LinkIcon

PLAN-A|PRODUCT-DESIGN


先行発売されるハイブランドのデザイナーズファニチャーにはビジュアルとディテールに高い魅力がありますがその分コストに影響しています。工場による大量生産で品質を維持し細部までこだわり美しいデザインが形成され頼れる保証も付いてくるというメリットは絶大です。イベントで発表し企業と提携し販売を肩代わりするからこそプロダクトデザインは成立するとされ羨ましいでもあります。対して採用する側はコーディネーターとして売り込む提案力が備わっていなければ単に宝の持ち腐れになるものです。また家具に頼りすぎればステージデザインは安易提案に偏り置くだけでよく見えるといった錯覚のような印象も与えかねません。高価でデザイン性の高い家具を購入し置くのであればそれに見合った価値ある空間をプロデュースする能力を高め持ち選ぶことに対する責任が求められるでしょう。

LinkIcon

PLAN-B|ORDER-DESIGN


ガーデンファニチャーを提案する時家具に合わせるという思考はアルミメーカーが先行デザインされた既製品を購入し当てはめることに似ています。慣れているから容易な計画のように思いますが意外と採用する商品の規格サイズやデザイン性やコストも含めてそぐわない場合があるでしょう。その場合は自ら描く提案に合わせてオリジナルデザインを起こし造れるもので現場造作による一点物としてブロックや土間コンクリートを駆使し仕上げ材を選び貼るという工程さえ理解していれば可能なことです。外部空間では様々な気候環境に対応し長く使えるものを提供することを考えればメリットがあるでしょう。課題は現場造作で影響する品質維持と家具を分析しサイズ感や座り心地や詳細を含めた意匠性を独自考案する責任があるため拘りを持って造り上げる事前準備とした知識とやる気が求められるでしょう。
(※GF監修|旭化成ホームズ様:成城展示場スカイバルコニー)

LinkIcon

PLAN-A
PRODUCT-DESIGN


先行発売されるハイブランドのデザイナーズファニチャーにはビジュアルとディテールに高い魅力がありますがその分コストに影響しています。工場による大量生産で品質を維持し細部までこだわり美しいデザインが形成され頼れる保証も付いてくるというメリットは絶大です。イベントで発表し企業と提携し販売を肩代わりするからこそプロダクトデザインは成立するとされ羨ましいでもあります。対して採用する側はコーディネーターとして売り込む提案力が備わっていなければ単に宝の持ち腐れになるものです。また家具に頼りすぎればステージデザインは安易提案に偏り置くだけでよく見えるといった錯覚のような印象も与えかねません。高価でデザイン性の高い家具を購入し置くのであればそれに見合った価値ある空間をプロデュースする能力を高め持ち選ぶことに対する責任が求められるでしょう。

LinkIcon

PLAN-B
ORDER-DESIGN


ガーデンファニチャーを提案する時家具に合わせるという思考はアルミメーカーが先行デザインされた既製品を購入し当てはめることに似ています。慣れているから容易な計画のように思いますが意外と採用する商品の規格サイズやデザイン性やコストも含めてそぐわない場合があるでしょう。その場合は自ら描く提案に合わせてオリジナルデザインを起こし造れるもので現場造作による一点物としてブロックや土間コンクリートを駆使し仕上げ材を選び貼るという工程さえ理解していれば可能なことです。外部空間では様々な気候環境に対応し長く使えるものを提供することを考えればメリットがあるでしょう。課題は現場造作で影響する品質維持と家具を分析しサイズ感や座り心地や詳細を含めた意匠性を独自考案する責任があるため拘りを持って造り上げる事前準備とした知識とやる気が求められるでしょう。
(※GF監修|旭化成ホームズ様:成城展示場スカイバルコニー)

GRANFACE|NEW-GARDEN PLAN STORY

STYLE-VARIATION

アウトドアリビング提案の種類別事例紹介

 

GARDEN-PLAN 同一敷地で描き表される多彩な計画 提案は一つと限らず探求し追求する

外部空間設計において「内装スタイルに準ずること」が大切である。邸宅のライフスタイルから伝わる住み手自体のこだわりの証を受け敷地内連動を図るため一点物のオートクチュールを考案しいかに眺め魅せるのかが鍵。あくまでコンセプトやテイストの話で作り方や演じ方など企画方法は別にある。部位要素の線形・構成・配置・質量・濃度や色彩変化で表し素材や装飾演出で叶う出来型や価格帯の相違を理解せよ

NORMAL-STYLE

計画設定|敷地境界ブロックフェンス・芝生敷き・常緑植栽 等

個人住宅の専用庭でよく見受けられる提案例です。新築計画では建築・内装・外構は住むために欠かせない要素であるため引き渡しまでにある程度完成させるが庭は後回しもしくは最低限で終わる場合が多いです。そのため住んでみて残念な見栄えであることに気付き悩みを抱えることになりかねません。リノベーションではこれからどうすべきか考えさせられる基本図です。そこで同一敷地で出来るスタイル別で描く「庭のカタチ」を見てみましょう。

追加要素:ステージ・ウォール・キャノピー・プランティング

 

NATURE-STYLE

計画設定|デッキステージ・パーゴラ・ファニチャー・プランティング 等

ナチュラルスタイルとは主に植栽や天然素材を中心に設定し柔らかな線形やエッジのほぐれた形状で構成し自然環境に溶け込むように描く提案としています。特に植栽を優先し造作は抑えめにまとめることがポイントになるでしょう。基本色はライトカラーにアクセントにホワイト色を用いた。ステージはウッドデッキとし天然木材を使用し暖色系のパーゴラで光を取り入れ温かみある印象にする。境界部の背景の壁も同様に木材を活用しつつデザイン性を高めるため色合いの濃淡や線形の太さや厚みに変化をつけオリジナリティーを用いたフェンスを造る。床面は地被を優先に採用し必要以上の舗装は避ける。家具も設定に準じたデザインを採用し全体に散りばめる。以上のような設計ポイントを予め設定しスタイルを明確に表した提案例である。

 

NATURE-STYLE

計画設定|デッキステージ・パーゴラ・ファニチャー・プランティング 等

ナチュラルスタイルとは主に植栽や天然素材を中心に設定し柔らかな線形やエッジのほぐれた形状で構成し自然環境に溶け込むように描く提案としています。特に植栽を優先し造作は抑えめにまとめることがポイントになるでしょう。基本色はライトカラーにアクセントにホワイト色を用いた。ステージはウッドデッキとし天然木材を使用し暖色系のパーゴラで光を取り入れ温かみある印象にする。境界部の背景の壁も同様に木材を活用しつつデザイン性を高めるため色合いの濃淡や線形の太さや厚みに変化をつけオリジナリティーを用いたフェンスを造る。床面は地被を優先に採用し必要以上の舗装は避ける。家具も設定に準じたデザインを採用し全体に散りばめる。以上のような設計ポイントを予め設定しスタイルを明確に表した提案例である。

 

SIMPLEMODERN-STYLE

計画設定|タイルステージ・フレームパーゴラ・オーダーファニチャー 等

シンプルモダンスタイルでは主に直線系フォルムを中心に素材に頼らず色と形の変化で組み合わせと最適な配置で描くある意味難しい提案と言われている。今回は寒色系を設定し白色から黒色のモノトーンカラーでまとめている。ステージやパーゴラや照明など様々なアイテムが持つ形状はエッジの効いたホライズンラインを採用しシャープな印象に仕上げていく。フラワーボックスを併設したソファー的家具は造作ならではのアイデアで描きパーゴラやスクリーンとの一体感を演じている。ステージには自然石調タイルなどの硬い印象が加わり全体計画をコンセプトやテイストを明らかにしてくれる。以上の設計ポイントに気を配りながら提案した例である。

 

LUXURY-STYLE

計画設定|ストーンステージ・フレームルーフ・水盤・モニュメント 等

ラグジュアリースタイルは採用エレメントや線形はシンプルモダンスタイルをあまり違いは感じられないデザインであるがビジュアル的な演出とされる素材や家具に高級感や品格を表し差を付け計画したものである。リッチな印象にするには色彩感も大切で暖色系の深みのある色を設けるとより印象が高まる。また装飾性の高いデザインエレメント加算することも欠かせない要素である。置き家具のデザイン性を借り完成度の高いガーデンステージを構成し企画サイズに合わせて規模を調整し誘われるアプローチにも拘りを持ち庭に用いられたパーツ一つ一つにオリジナリティーと他にない差別化を考慮しながら特別な専用庭を提案したものである。

 

LUXURY-STYLE

計画設定|ストーンステージ・フレームルーフ・水盤・モニュメント 等

ラグジュアリースタイルは採用エレメントや線形はシンプルモダンスタイルをあまり違いは感じられないデザインであるがビジュアル的な演出とされる素材や家具に高級感や品格を表し差を付け計画したものである。リッチな印象にするには色彩感も大切で暖色系の深みのある色を設けるとより印象が高まる。また装飾性の高いデザインエレメント加算することも欠かせない要素である。置き家具のデザイン性を借り完成度の高いガーデンステージを構成し企画サイズに合わせて規模を調整し誘われるアプローチにも拘りを持ち庭に用いられたパーツ一つ一つにオリジナリティーと他にない差別化を考慮しながら特別な専用庭を提案したものである。

 

RESORT-STYLE

計画設定|ナチュラルストーンステージ・ウッドパーゴラ・ピッシーナ 等

リゾートスタイルは一つの例であるがこのようにわかりやすいコンセプトやテイストには独創的な手法やアイテムをあしらうことで明確化されるものである。この提案はアジアンテイストであるため色彩の基調色は実は紫でその濃淡によって明るさや濃さを表現している。特徴的なものは装飾演出要素として採用したリーフ模様を飾ったアクセサリーパネルやラタン調のファブリックを要したファニチャーがあるだけで設定が明確になり場合によってピッシーナなどの利用目的明確化要素設定だけでもハッキリするものである。植栽設定もリゾート的な樹種選択を行い本物のアジアンリゾート空間を切り取り移したかのようにデザイン提案するのがプロの技であろう。

 

HOME | GD-PLANNING